歯周病の治療について

歯周病とは

歯周病は歯周病菌が起こす感染症です。又、噛み合わせの悪さが、歯槽骨(歯が植わっている骨)に悪い力を加えることで、感染症の拡大を助長することが知られています。
でも、原因が分かっているのに何故歯周病は治りにくいのでしょうか?

第1に、

歯周病の特徴は、細菌が体外でバイオフィルムを形成するため、通常の免疫作用が届きにくく自然治癒が達成されにくい。

第2に、

生活習慣病に影響され易いため、生活改善が前提となるが、一般的に、生命に関わらない病気と誤認識されているので、改善のモチベーションが起きにくい。

第3に、

細菌感染症は通常であれば、細菌検査を行い、病原菌を同定して抗菌剤の感受性試験を行ってから、投薬・治療を行う必要があるのに、健康保険では給付されない。→保険診療では学問に沿った歯周病治療は受けられない。
以上3点の理由で歯周病が治りにくいものになっているのです。
歯周病の治療には、まず患者さんご本人に治そうとするお気持ちがあり、実行されなければ治らない病気であることをご理解ください。

当院での歯周病治療の流れ

step1 歯周検査

歯肉の炎症退縮のチェック、歯周ポケット測定、出血状況、歯の動揺度、レントゲン、細菌検査をして、現在のレベルを確認します。

step2 生活習慣(食生活、日常生活)の確認および改善

歯周病は生活習慣病ともいわれています。
生活習慣を見直し、改善することで免疫力を強化します。

step3 歯石を完全に除去、正しい歯磨き方法の指導

歯石を完全に除去し、正しい歯磨き習慣、歯磨きの方法を取り入れることで口の中の菌を減らします。

step4 保存不可能な歯を抜歯

なるべく保存できるよう治療を進めてまいりますが、健康な歯にまで悪影響を与えるような状態の歯は抜歯します。

step5 噛み合わせの診断・治療

噛み合わせの悪さが感染症の拡大を助長することがあるため、正しい噛み合わせになるよう、診断・治療します。

step6 抗菌剤の投与による除菌療法

細菌の情報が分かったら、抗菌剤の投与で除菌療法をします。

step7 除菌療法の効果判定(細菌検査)

再度細菌検査を行い、治療の経過を見ます。

step8 メインテナンス

良好であればメインテナンスに移行します。

歯周病の予防およびメインテナンスについて

24時間オンライン予約について24時間オンライン予約について

※来院はご予約の5分前にお越しください。
※当院に来られた事のある方は担当の先生での指定が出来ませんのでお電話にてお問い合わせ下さい。
※クリーニング希望の場合、歯科衛生士の手が空いていない場合は当日承れない場合もあります。急ぎの方は確認のご連絡を電話にてお願い致します。

 
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビ社のサイト(上バナー)から「Adobe Reader」をダウンロード(無料)してください。