歯科口腔外科

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科は、口の中とその周囲に発生する病気を外科的処置で治療する方法です。
抜歯・難抜歯、膿瘍切開、嚢胞摘出、歯根端切除、歯周外科手術、リプランテーション(歯の移植・再植)、歯槽歯肉粘膜形成術など幅広い範囲の治療を行っています。
歯槽骨骨折、顎関節症、歯ぎしりなどの治療も行います。

親知らずの抜歯の必要性について

抜く必要がある場合と、必要のない場合があります。
親知らずは誰にでもあるわけではありません。ある人は上下左右で4本 ありますが、約半数近くの人は0~3本ぐらいしかありません。
また、あったとしても、まっすぐ生えてこないで、ななめに生えてきたり、骨の中に埋まったままになっていたりと様々です。
昔のように口腔内の清掃状態が悪く、口腔清掃指導もしっかりしていなかった時代には、抜かなければ回りの組織に 悪影響を与えることも多くありました。

しっかりとブラッシング指導を行い、親知らずまできれいに磨けるようになった現在では、虫歯を予防していけば 抜く必要は無いどころかリスクを侵してまで抜かない方がよい場合が多くあります。
近年では、移植という治療法もあり、他の歯がだめになったときに、無駄のように思われていた親知らずが思わず役に立つことがあります。
また、他の歯がだめになったときに親知らずがブリッジの土台になったり、義歯のバ ネのかかる歯になったりと色々なお役に立てることもあるのです。
親知らずを抜くか抜かないかの判断はご相談いただければ診断致します。

リプランテーション(歯の移植・再植)について

大臼歯が2本とも抜けてしまって噛みづらい、入れ歯はイヤだ。
そんなとき

●埋伏している(生えていない)智歯(親知らず)を、なくなった大臼歯の骨に植立して噛めるようにする。(移植)
●サッカーで相手の選手とぶつかり、前歯が抜けた。それを元の位置に植立し直す。(再植)

このように、使えなくなったような歯でもリプランテーションを行うことで再度、歯の機能をよみがえらせることが出来ます。

<<ワンポイント>>

突然の外傷で歯が抜けてしまったようなときには、あわてずに牛乳に歯をひたして保存をし、急いで最寄りの歯科医院に電話をかけ、再植をしているかどうか確認 をしましょう。
(勿論薬局が近くにあれば、生理食塩水に浸すのが一番です。)抜けてからの時間が短いほど、成功率が高くなります。

スポーツマウスガードについて

歯や口のケガは、一流選手やプロの選手に比べ、意外にも競技をはじめて日も浅い選手や、たまに競技する選手に多く見られます。これは「外傷の防止・軽減」を怠っていることが原因と考えられます。特に下記のスポーツをしている方は、外傷の防止・軽減の為にカスタムメイド・マウスガードの装着をお勧めします。

<コンタクトスポーツ>

ボクシングやアメリカンフットボールの試合では、マウスガードの装着が義務化されています。
また、一部義務化されているスポーツには、ラクロス、空手、ラグビーなどがあります。 サッカー、レスリング、バスケットボール、スキー、スノーボード、カーレース、水球、ハンドボール、ホッケー、アイスホッケー、柔道、相撲などが装着率が高まっています。

<歯を食いしばることの多いスポーツ>

ゴルフ、重量上げや、アーチェリー、射撃など、歯を食いしばることの多いスポーツにも装着率が高まっています。

アンダーアーマー製スポーツマウスガード

当院では、アンダーアーマー製のスポーツマウスガードを取り扱っています。アンダーアーマーについて、詳しくはこちら↓↓↓

アンダーアーマーホームページへ
アメフトの写真
 
ゴルフの写真
24時間オンライン予約について24時間オンライン予約について

※来院はご予約の5分前にお越しください。
※当院に来られた事のある方は担当の先生での指定が出来ませんのでお電話にてお問い合わせ下さい。
※クリーニング希望の場合、歯科衛生士の手が空いていない場合は当日承れない場合もあります。急ぎの方は確認のご連絡を電話にてお願い致します。

 
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビ社のサイト(上バナー)から「Adobe Reader」をダウンロード(無料)してください。