西新宿歯科クリニック診療メニュー

一般歯科(歯が痛い)

歯科治療には歯の切削がつきもの。しかし歯は出来るだけ健康な部分には侵襲を加えない方が良いことは明白です。歯を削らない方が長期的に自分の歯を待たせることが出来ることは科学的に証明されています。

例えば、いままでの古い歯科の保険治療では、歯の神経(歯髄)を治療した後には、神経の無くなった部分にポストと呼ばれる銀の土台を嵌め込み、その周りを残っている歯質も含めて全周を削り取り、その上に銀の冠で覆うというやり方をすることが一般的です。
 
全部を被せないと咬む力で残った歯質が折れるからというのが理由ですが、それだけではありません。
 
古い方法ではセメントを歯牙と冠の間に置くことで、嵌合させて取れないようにしています。これを合着とよびますが、歯にくっつく接着剤ではありません。合着セメントは経年変化で唾液により溶解しやすいので、唾液に洗い流される様な見える部分にその境目を置くことは好ましくなく、歯と被せものの隙間が歯茎の中に入れるように深く削ります。
 
このような多大な侵襲を加えると、歯質が無くなるだけではなく、中のポストが歯の根をクサビの応力で割ったり、エナメル質の無くなった弱い歯の根元から再度のムシ歯(二次う蝕)が進行したり。大きな金属の修復物による金属アレルギーが起こったりと、良いことが一つもありません。
 
この古い技術は約50年前に確立された技術ですが、技術や科学が今のように発展していなかった当時では先進性にあふれていました。

現在では、ムシ歯の診断と治療について50年前とは比較にならないほど学問も進み、技術も進化していますが、国の制度である健康保険診療のシステムが時代に追いついていないのです。いずれ変化は起こるでしょうが、最先端の技術は健康保険診療では享受することはできません。
 
近年、日本は科学技術立国として技術を伸ばしてきましたが、歯科の分野では特に化学的技術とりわけ接着の技術が世界でも抜きん出ています。
 
これは、エナメル質や象牙質、詰めるセラミックや樹脂への強固で長期的な接着を可能にしました。現在、ロケットや飛行機の機体の組み立てはリベット止めではなく、プラモデルのように接着剤でくっついているのをご存知でしょうか?信じられないほどの強度で接着する化学技術が歯の治療を変えようとしているのです。
 
接着技術の進化により、神経を取った歯も周りを全部削らなくても良くなりました。
外れない様な形にする為に、余分に削る必要も無くなりました。
樹脂やセラミックを歯に強固に接着をさせることで、歯を無駄に削らないことが可能になりました。

クリーニング(お口を清潔にしたい)

ご自宅での普段の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石をキレイにお掃除します。
お口の中がより清潔になるため、口臭予防にもつながります。

24時間オンライン予約について24時間オンライン予約について

※来院はご予約の5分前にお越しください。
※当院に来られた事のある方は担当の先生での指定が出来ませんのでお電話にてお問い合わせ下さい。
※クリーニング希望の場合、歯科衛生士の手が空いていない場合は当日承れない場合もあります。急ぎの方は確認のご連絡を電話にてお願い致します。

 
 
PDFファイルをご覧になるには、アドビ社のサイト(上バナー)から「Adobe Reader」をダウンロード(無料)してください。